運動要らずの8時間ダイエット

8時間ダイエットとはアメリカでブームとなっているやり方で、基本的に食べる時間を8時間以内に抑えます。
8時間ダイエットでは時計遺伝子に働きかけるのが目的なので、食事の時間は毎日同じで摂取カロリーも変えません。
時計遺伝子が活性化すると、体内リズムが正常になって代謝もしっかり行われるようになります。
また食事する8時間以外は胃腸を休めることができ、消化や排泄に専念することができます。
食事の時間が短くなると、水分の摂取量も減ります。よって8時間を過ぎても水やお茶などカロリーのない飲み物は積極的に飲みます。
コーヒーはブラックであれば問題ありませんが、豆乳や牛乳は控えます。水分補給の目安は1日2リットルです。
これだけ飲むと代謝や排泄をサポートすることができます。お腹が空いた時にたくさんの水を飲んで空腹を紛らわすことも可能です。
すぐにお腹が空いてしまうという人は、野菜などから食物繊維を多く摂取すると良いです。
食物繊維は血糖値の上昇を予防するので脂肪になりにくく、お腹の中で膨らむので腹持ちが良いです。
8時間だけの食事だからと好きなものばかりを食べれば、摂取カロリーがオーバーして痩せなくなります。
低カロリーでビタミンやミネラルも豊富な野菜で栄養バランスを整えます。
8時間ダイエットでは、今まで食事に使っていた時間が自由時間となるので、エクササイズやウォーキングなどダイエットを並行できます。
運動が苦手な人も、7時間は睡眠をとるようにします。一般的に7時間寝るとレプチンというホルモンが多く分泌されます。
レプチンには食欲を抑制する作用があるので、しっかり眠って翌日の8時間ダイエットで空腹を感じないようにします。

1日で2キロ減!ファスティングダイエット

短期ダイエットとして有効とされているのがファスティングです。断食ダイエットですのですぐに効果が見られるのが特徴です。
1日に2キロ程度も体重が落ちることがある為、短期集中ダイエットとして昨今のブームになっています。
断食といっても1日、2日程度のいわゆるプチ断食ですので体への負担や辛さを感じ難いとされています。
やり方としては体に負担が掛からない休日に行った方が良いと言えます。
仕事をしながらだったりすると負担が大きくなり、体調にも影響してしまいますので良くありません。
実践する場合は基本的に固形物は食べないようにします。その為、水や野菜ジュース、酵素ドリンクなどをメインに摂るようにしましょう。
固形物を控えることにより内臓を休めることができますし、デトックス作用で内臓をリセットすることができます。
そして内臓がリセットされることで消化作用が活発になり、ダイエット効果や太り難くなるといった変化が現れるのです。
なおよく用いられているのが酵素ドリンクですが、酵素の力で脂肪や糖分などの消化を促進できます。
ファスティング期間が終わったらいきなり固形物を摂るようなことはしてはいけません。
内臓が休んでいるところに固形物を流し込んでしまうと胃や腸に負担になりますので徐々に食事に慣らしていくようにします。
その為、まずはお粥などの内臓に優しい物から食べるようにし、少しずつ普通食へとシフトしていきましょう。
なおファスティングダイエットは少なからず負担になることがありますので、体調によってはやらない方が良いと言えるでしょう。
例えば摂食障害を持っていたり生理中、その他体力の低下中は負担が大きくなりリスクもありますので控えることが大切です。

楽しく美味しくできる大根ダイエット

大根ダイエットとは、毎日加熱されていない大根を食べることです。食べる目安は300gなので、輪切りで6cm程度です。
食事制限やダイエットに適したメニューを考える必要はありません。
大根が痩せられる理由は、辛味成分のイソチオシアネーゼとアミラーゼが含まれているためです。
イソチオシアネーゼは太る原因でもある活性酸素を無害化して、新陳代謝を活性化させます。
またアミラーゼは炭水化物を消化して便秘を予防します。食物繊維が豊富なので、腸に溜まった老廃物がなくなって美肌効果もあります。
生の大根には酵素ダイエットで用いるような酵素が自然に含まれているので、食べるだけで痩せやすい体になります。
大根の定番料理は大根おろしです。さっぱりとしているのでどんな料理とも合います。
しかし大根の旬は冬なので、夏場に大根ダイエットをすると辛味が強くて続けられない可能性があります。
無理に食べてもストレスが溜まって逆効果なので、味噌やレモン汁、ツナなど他の食材を加えて食べやすくすれば快適に痩せられます。
一方で、大根を食べても痩せないという人がいます。実は大根は酸化しやすい食べ物です。
すりおろすと成分が酸素と触れて大根に含まれるポリフェノールとポリフェノールオキシターゼが反応して酸化します。
よって大根おろしを作り置きすると酵素の力が発揮されません。酸化を防ぐにはブラウチングという加熱させる方法がありますが、そもそも酵素の働きを阻害してしまいます。
大根ダイエットの場合は、酸化作用は温度が高いほど強くなる性質を利用して、低温で保存すると良いです。
切り口はすぐにラップで覆い冷蔵庫に入れますが、できるだけ早く食べ切るようにします。

◎痩せたいけど美味しく食事を楽しみたいという方に!話題のダイエット治療薬をご紹介!
ゼニカル
◎アカルボースは血糖値を抑えるので、ダイエット効果にも繋がります
アカルボース

トップページへ